公開日:|最終更新日時:

メーカー別!人気のビルトインガスコンロLINEUP

ガスコンロ・ビルトインコンロの選び方

サイズ

ビルトインガスコンロの天板の幅は、60cmと75cmの2タイプです。本体の幅は各メーカー共通なので原則取替え可能ですが、現在使っているコンロがキッチンメーカー専用サイズであった場合には、取替えできない場合があります。交換工事をする場合は、事前に現場調査などをしてもらって確認しておくことが望ましいです。

60cm幅のコンロは、キッチンの作業スペースが広くなります。商品価格についても、75cm幅に比べると割安です。但し、75cm幅から60cm幅に変更すると、天板の設置跡が残ってしまう場合があります。

75cm幅の場合は、バーナー間の距離が2~2.5cm広くなり、お鍋が余裕をもって置けます。但し、現在使用しているレンジフードの幅が60cmの場合、消防法の観点から75cmの選択ができません。

天板の種類

一番人気のガラストップは、透明感が美しく高級感があり、耐久性、耐熱性に優れ、お手入れも簡単です。

強化ホーローは、ホーローの上からさらにガラス質のコーティングが施されたものです。ガラスのような透明感はありませんが、鉄の強さとガラスの光沢感をあわせ持つ素材です。

ステンレスは主に業務用ガスコンロに採用されており、国内の家庭用ではノーリツのS-Blink + Doなどに採用されています。頑丈で錆びにくく、ピカピカに磨き上げることができます。

最近普及し始めているのが、アルミ削り出しタイプの天板です。熱伝導がよく天板が熱くなりにくいため、汚れが熱でこびり付きにくいのが特長です。ノーリツ「ピアット」シリーズや、リンナイ「デリシアグリレ」に採用され、よりお手入れ性にこだわりを持つ方々に支持されています。

逆に新しいメーカーカタログからはフッ素コートはほとんど無くなり、お手頃機種ではホーローを採用されていることが多くなっています。

グリルの種類

「魚焼き器」として使われることの多いグリルですが、新しいグリルは様々な料理が作れる便利な調理機器に進化しています。

最近で標準搭載されている代表的な機能としては「水無し両面焼きグリル」と「グリルタイマー機能」です。水無し両面焼きグリルなら受け皿に水を入れる必要はなく、入れた食材を途中でひっくり返す手間もありません。さらにタイマー機能を使えば食材を焦がしてしまった、うっかり火を消し忘れてしまったという心配もなくなります。

上記機能の他にも、食材を自動で焼ける機能や、グリル料理の幅をぐっと広げるグリル調理器など、グリル機能にもたくさんの種類があります。様々なグリル機能をプラスしていくことで、調理にかかる手間が減る・時短になる・調理の幅が広がる・グリルのお掃除が簡単になるといったメリットが増えていきます。

ゴトクの種類

ゴトクの素材の種類にはステンレスとホーローの2種類があり、 現在のコンロはホーローゴトクが標準となっています。

ステンレスゴトクは比較的価格の高い機種に搭載されていることが多く、スタイリッシュで高級感のある見た目が特徴です。塗装が施されていますが、ステンレスゴトクは素材そのもので出来ているため丈夫で耐久性に優れています。ただ、ステンレスは熱に弱いので、加熱により変色を起こしてしまうことがデメリットです。ステンレスクリーナーでこまめにお手入れをすれば、ある程度変色は防ぐことができます。

ホーローゴトクは、汚れや傷が目立ちにくくお手入れが楽なのがメリットです。しかし、長年使っていると塗装がはがれ、塗装の剥がれた部分がサビてしまうといった恐れもあるので、その点は注意が必要です。 とはいえ、ステンレスゴトクほど気を使わなくても良いので、お手入れのしやすさを重視するならおすすめです。

大バーナー

大バーナーについては、コンロの機種によって左右で搭載しているバーナーの火力が違うことがあります。 左右どちらか一方のみ高火力のタイプと、左右両方とも高火力が使える両高火力の2種類があります。

現在では一部の機種を除けば、多くの機種が両高火力対応です。左右どちらか一方のみ高火力のタイプを選ぶ際は、コンロの左右どちら側に壁があるかで左右を選びましょう。防火対策のため、コンロの右側に壁がある場合は「左のバーナーが高火力の機種」を選び、コンロの左側に壁がある場合は「右のバーナーが高火力の機種」を選ぶのが一般的です。

ガスの種類とガス栓の形状

ガスコンロを選ぶ際に必ず意識する必要があるのが、「ガス種」と「ガス栓の形状」です。

家庭用のガスは基本的に「LPガス(プロパンガス)」「都市ガス(12A・13A)」の2種類に分かれています。LPガスボンベの設置有無や、ガスホースの色で見分けることができます。LPガスはオレンジ、都市ガスはホワイトやブルーを採用しています。

ガス栓の形状は基本的に「ホースエンド型」と「コンセント型」の2種類あり、形状によりホースが決まります。「ホースエンド型」には赤い線おり、線がないのが「コンセント型」になります。これで家のガス栓を確認してガス栓がどちらの形状かを確認してください。ちなみに業務用などで特殊なガス栓もありますが、家庭ではこのどちらか2種類の場合がほとんどです。交換の際には、この2点をしっかりと確認しておきましょう。

ガスコンロの人気メーカー紹介

Rinnai(リンナイ)

リンナイ公式HPキャプチャ|横浜のガスコンロ交換・修理業者ガイド 参照元:リンナイ公式HP(https://rinnai.jp/)

創業は1920年、長いメーカーとしての歴史の中で一貫して先進の熱エネルギー機器の開発に取り組み、熱を通じて快適な暮らしを社会に提供することが創業当時から現在まで受け継がれる企業使命だそうです。

リンナイでは、生産するための加工技術を設計するところからこだわって自ら作り込んでいます。他社に頼らず自前での物作りにこだわることで技術や技能が蓄積・継承され、より良い製品の誕生に結びついています。

NORITZ(ノーリツ)

ノーリツ公式HPキャプチャ|横浜のガスコンロ交換・修理業者ガイド 引用元:ノーリツ公式HP(https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/)

1951年、戦後の復興期にノーリツは「お風呂は人を幸せにする」という創業の原点のもと、日本のお風呂文化を広めると共に人々の生活水準の向上を目指して設立されました。そのノウハウを生かし、ビルトインコンロやシステムキッチン、システムバス、洗面化粧台など湯まわりを軸として住宅設備の製造販売を行っています。

日本で初めてビルトインコンロを作った厨房機器メーカーのハーマンと業務提携・出資し、それぞれのメーカーにしかない特徴的な調理機能、便利機能を生かして先進的な製造に挑戦し続けています。

Paloma(パロマ)

パロマ公式HPキャプチャ|横浜のガスコンロ交換・修理業者ガイド 引用元:パロマ公式HP(https://www.paloma.co.jp/)

パロマは1911年に創業し、ガスを通じて暮らしを支えることをメーカーの理念としてきました。1950年代頃に日本ではガス機器が大きく普及し、それまで薪や練炭が中心であった生活が、ガス炊飯器やガス湯沸器、ガスコンロの登場により大きく様変わりしました。パロマの製品によって、世の中の暮らしが大きく向上したと言えます。

培った実績や技術力はアメリカ・アジア・オセアニアなどの世界各地にも広がり、アメリカでも多くのシェアを獲得しています。

HARMAN(ハーマン)

ハーマン公式HPキャプチャ|横浜のガスコンロ交換・修理業者ガイド 引用元:ハーマン公式HP(https://www.harman.co.jp/)

1930年に前身の株式会社陽栄製作所(ダンホット)が創業。2011年にハーマンとノーリツ両社が合併し、ノーリツブランドとして製造から販売までを手がけるようになりました。

そんなハーマンのガスコンロは、ビルトインガスコンロや、両面焼きグリルといった革新的な商品をつぎつぎに開発してきました。また、全国にショールームがありますので、実際に体感することができます。

【おトク度&評価を分析!】
横浜のおすすめガスコンロ交換・修理業者をサクッと選ぶ

神奈川県のGSS加盟店で横浜に対応する業者の中で、おトクに交換するための「割引率」と安心して依頼できる「口コミサイトの★評価(お店の評価)」、「高い評価の口コミ数」上位3社の割引率を紹介します。

最大
割引率
お店の
評価
★4以上の
口コミ件数
モアー
プランニング

公式HP

62% 4.5 316件
キンライサー

公式HP

58% 3.02 31件
Nリビング

公式HP

55% 3.19 1件

※神奈川県のGSS加盟店で横浜に対応する業者の中で、ネット上で口コミ評価が確認できて、最大割引率が高い3社をピックアップしています。(2020年12月3日時点)